東京ドイツ村のイルミネーション2016-2017の口コミ情報

スポンサーリンク
スポンサードリンク

tokyodoitumura

「東京ドイツ村」って聞いたことありますか?

東京ドイツ村は東京ドームの約19倍の広さがあって、

東京ドームの約19倍という広さはちょっと想像できないと思いますが、

一年中楽しめるテーマーパークになっています。

実は東京ドイツ村のイルミネーションのイルミネーションがすごいんです!

ここのイルミネーションは関東三大イルミネーションのひとつになっているんですよ。

この広大な敷地をイルミネーションで、「これでもか」とデコレーションするんですよ。

しょぼかったら関東三大イルミネーションなんて言われませんからね。

東京ドイツ村は一年中楽しめるテーマパークですが、

今回はイルミネーションについて、見所を口コミ情報などを参考に見てみましょう。

東京ドイツ村って?

tokyodoitumura

東京ドイツ村っていう名前なのに、実は千葉県袖ケ浦市にあるテーマパークです。

東京都内にないのに「東京○○」と名の付く施設は結構あります。

有名なところでは、千葉県浦安市にあるのに「東京ディズニーランド」

東京ドイツ村に行った人はやはり「何で千葉なのに東京なの?」

と施設の人に聞くそうですから働いている人も大変ですよね。

東京ドイツ村は2001年に開園しているんですが、

その時すでに群馬県に別のドイツ村があって『ドイツ村』で商標登録できなかったそうです。

そこで、国際的なイメージの強い東京からアクセスのいいドイツ村ということで

「東京ドイツ村」と名づけられたようです。

東京と冠をつけたことでとてもインパクトのある名前になり、

施設の人も喜んでいるそうですよ。

東京ドイツ村は、2001年に「自然と人が共に過ごせる」共生の追求としてオープンしました。

敷地面積は27万坪と東京ドームの約19個分あって、芝生の丘を中心にボート池や、

アミューズメントエリア、子供動物園、フラワーガーデンのエリアがあります。

特にファミリー層をターゲットにしていることもあり、子供でも楽しめる

ジェットコースターやパターゴルフ・トランポリンなどの施設も充実していますよ。

もちろんドイツ料理を食べられるレストランもあります。

四季を通して老若男女問わずに楽しめるスポットになっていますので、

千葉方面にお出かけの際はぜひ寄ってほしいですね♪

東京ドイツ村のイルミネーション、2016-2017年はどんな感じ?

tokyodoitumura

今年のイルミネーションの期間

期間      :2015年11月1日(火)~2016年3月31日(金)

開園時間    :9:30~20:00 (最終入園時間は19:30)

年中無休で悪天候でなければイルミネーションは中止にならないようです。

入園料金

入園料金は2016年11月から変わります。

なんとなく安くなったような感じがしますのでありがたいですね。

イルミネーションの期間

車で来園の方

乗用車       :  2,000円

中小型バス   :10,000円

大型バス      :13,000円

大人         :    0円

4才~小学生 :          0円

車以外での来園の方

4才~    :    500円

要は駐車料金だけになったということとですね。

車以外での来園も入園料が安くなりました。

2017年4月一日以降

車で来園の方

乗用車         :    1,000円

中小型バス   :  3,000円

大型バス      :  3,000円

大人       :      800円

4才~小学生 :        400円

車以外での来園の方

大人       :   800円

4才~小学生 :         400円

4月以降も入園料が安くなっています。

tokyodoitumura

イルミネーションはどんな感じ?

東京ドイツ村のイルミネーションのテーマは毎年変わります。

2015年のテーマはおもちゃ箱だったんですが、これがとってもワクワクするような、

イルミネーションだったんですよ。

tokyodoitumura

2016年のテーマは「大冒険~Doki★Doki★Smile~」に決まったそうです。

詳細はまだ発表されていませんが、11月1日が待ち遠しいですね。

ちなみに東京ドイツ村のイルミネーションがどんな感じか

口コミ情報などから昨年の見所を紹介しておきますね。

光のトンネル

tokyodoitumura

イルミネーションを遠くから離れて見るのもとてもきれいですが、

光のトンネルはイルミネーションに溶け込むことができます。

キレイなイルミネーションのトンネルの中を歩くと、ピンクや青、黄色などなど…

とってもキレイな電飾が体を包んでくれて、幸せを感じられますよ。

3Dイルミネーション

tokyodoitumura

東京ドイツ村の名物イルミネーションが3Dイルミネーションです。

芝生広場の地形をうまく使っていて、観覧車から見ると、驚くほど立体的に見えるんです。

東京ドイツ村にはそんなに大きくないですが観覧車があります。

4歳以上一人350円かかりますが、折角行ったのですから乗っていただきたいですね(^^♪

寒い中待ち時間がありますが、暖かいものでも飲みながら待つのもなかなかいいですよ(^^♪

他では見られないイルミネーションですので感動すること間違いなしです!

イルミネーションは250万球

2015年は2014年より50万球電飾を増やしたそうです。

250万球というとどれくらいの規模なのかちょっと想像するのが難しいですよね。

これは行ってみないとわからない迫力です。

私も行って見て、「びっくりポンや!」 でした。

光と音のショー

音楽に合わせてイルミネーションが点灯するのですが、

これは他ではちょっと味わえない光景です。見逃しちゃだめですよ。

『光と音のショー』東京ドイツ村 2015-2016 ウィンターイルミネーション「Kira★Kira★Smile~おもちゃ箱~」(千葉県袖ケ浦市)

東京ドイツ村のイルミネーションの口コミ

来園者の口コミを紹介しておきますので、お出かけを考えている人は参考にしてください。

期間限定とはいえ、やはり東京ドイツ村の一番の見どころはこのイルミネーションです。

LEDライトで飾られた美しい光の世界が広がっています。

関東の三大イルミネーションに数えられるのも納得の美しさ。

また、敷地内を車で周ることが出来ますので遠方から来る人も助かっている様です。

イルミネーション、日が沈めば沈むほどとても綺麗でした。

ドイツビールも本当に美味しい。

でも、ドイツ村の中が広すぎて、移動が大変でした。

園の入場口からイルミネーションまでも遠いし。

バスで行ったので、最終バスの時間に間に合わせなければならず、

早い時間に引き返すことに。。。もう少し長くいたかった、残念。

車でいくのがいいと思います。

でも、クリスマス時期などは、車が渋滞して全く辿りつけないらしいので、

日にちを選ばなきゃいけないですね。

敷地が広いので歩いて移動するのはかなり大変です。

でも、ドイツビールを楽しもう!となると車では行けません。

公共交通機関を使うしかないですね。ただ、最近は近くにバス停もできているようですので

行き方については別の記事で書いてみたいと思います。

関東三大イルミネーションって?

関東三大イルミネーションってどこのことか気になりますよね。

東京ドイツ村

あしかがフラワーパーク

江の島シーキャンドル

この3ヵ所イルミネーションのことです。

関東三大イルミネーションの認定基準って?

関東三大イルミネーションに認定されるためには

イルミネーションが素晴らしいことは必要条件ですが、それだけではダメなようですよ。

こんなところも審査の対象になっているそうです。

運営するスタッフさん達の情熱がどうか?

サービスはしっかりしているか?

レストランや売店やお土産コーナー等が充実しているか?

他にも審査項目はたくさんあるようですが、

こういった点に関心を持って見に行くと楽しみ方も変わりますね(^^♪

まとめ

東京ドイツ村の駐車場は3000台あるので駐車できないということはないですが、

混んでいる日は車を止めたところからイルミネーションの場所までは

ちょっと歩くことを覚悟する必要があります。

東京ドイツ村の周辺は大変暗いので、

目印をしっかり覚えておかないと帰るとき大変なので注意してくださいね。

イルミネーションエリア内にはレストランやショップなどがあります

バーベキューや本場ドイツの地ビールやソーセージなどが味わえますよ。

運転手の方はビールを楽しめないのが残念ですが…

フードショップで、ドイツビール、ソーセージなど買って家に帰ってから楽しいでください。

バームクーヘンや輸入菓子もたくさんあるのでお土産には困らないと思いますよ(^^♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

楽天
error: Content is protected !!